相談は弁護士に

人身事故の被害者になった場合、治療費を加害者側に請求することは可能です。相手が自動車保険に加入している可能性は高く、この場合保険会社と治療費の交渉をします。しかし相手の保険会社はこのような交渉を何度も経験しています。そして保険会社としてみれば、治療費をできるだけ多く負担したくないと考えるでしょう。交渉経験のない素人が保険会社側の人間と話をする場合、相手のペースに巻き込まれて不当に安いお金しか取れない可能性もあります。

もし対等な交渉をするのであれば、交通事故専門の弁護士に依頼をした方がいいです。交通事故専門の弁護士であれば、交渉の経験が豊富ですから不利な示談内容にはなりにくくなります。また、解決実績の豊富な弁護士が対応することで慰謝料の増額を見込めるでしょう。また過失割合についても、こちら側の比率を少なくして過失相殺を少なくできる効果も期待できます。

しかも自分で交渉手続きをすると、面倒ですし、時間も割かないといけません。仕事をしている人であれば、仕事をしながら交渉するとなると大変です。しかし弁護士に依頼すれば、このような面倒な手続きを代行してくれるので負担をかなり軽減できます。電話などの相談は無料で引き受けてくれる弁護士もあるので、まずは相談してみるところから始めませんか。

治療費の打ち切り

人身事故の被害者になった場合、治療費の請求は保険会社ということが多いです。基本的に人身事故が原因でけがをした場合、そのけがが治るまで保険会社から給付金が支払われます。また入院した後で退院後も通院治療をする場合もあるでしょう。そのときでも、保険会社から保険金が支払われるでしょう。

しかし保険会社によっては、治療費が途中で打ち切られてしまうこともあるかもしれません。人身事故の場合、後遺症の残るようなケガに見舞われることもあるでしょう。その場合、長期的な治療になってしまうかもしれません。すると途中で保険会社が「これ以上治療費は支払えません」といってくる可能性もあります。このような治療途中で医療費支払いを保険会社から断られるケースは珍しくありません。保険会社もボランティアではなく、営利企業なのであまりに長期間治療費を負担し続けることは難しいと判断する可能性もあるからです。あくまでも治療費の建て替えは任意であり、打ち切ることに法律上問題はありません。

ただし治療をどこで終了するかは、保険会社ではなく医者が判断します。医者が必要と判断すれば、症状固定まで支払われなかった治療費は保険会社に対して請求することが可能です。

人身傷害補償保険

人身事故の被害者になった場合、加害者に対して治療費を請求できます。しかしその前に病院から被害者側に治療費の請求がきます。その後かかった金額を加害者側に提示して賠償してもらう形になります。もし大きな事故で大けがをして、手術や入院することになれば、かなりの治療費が請求される恐れも考えられます。

自賠責保険の場合、自分に対する補償は受けられません。しかし自動車保険に加入しているのであれば、人身傷害補償保険をつけている人もいるでしょう。もし自動車保険に加入しているのであれば、自分の保険に人身傷害補償保険が含まれているかどうか確認しましょう。保険証書などに記載されているはずです。

人身傷害補償保険とは、交通事故によって保障対象の人が死傷した場合に給付金が支給される制度です。人身傷害補償保険ではいくつかの保険金額のコースが用意されていて、自分で自由に選択できます。人身傷害補償保険の特徴は、この契約中の保険金額を上限として給付金が支払われます。賠償金は過失割合に応じた金額が支払われます。しかし人身傷害補償保険であれば、過失割合に関係なく給付金を受け取れます。人身傷害補償保険の中には車内外補償プランもあって、この場合歩行中や保険加入対象車両以外の車に乗っているときの事故でも対象になります。

人身事故の治療費は?

人身事故に遭ってけがをして、病院で治療を受けた場合加害者側に対して治療費を請求することは可能です。ここで問題になるのは、治療費といってもどこからどこまでを請求できるかです。原則は交通事故によってけがをして、その治療のための費用は全額加害者側に請求することが可能です。ただし場合によっては、全額治療費を請求できないケースもあります。

例えば高額診療をした場合です。本来の治療費の相場と比較して、明らかに過大な費用でしかもその理由を客観的に説明できない場合です。そのほかには過剰診療と認定された場合でも、治療費請求をしても賠償してもらえない可能性があります。医学的に見て、必ずしも必要とはいえない診療を受けた場合、補償の適用外にされるかもしれません。

人身事故で被害に遭ったとはいえ、被害者側にも過失があった場合、100%加害者側に賠償請求できません。例えば信号無視して横断歩道を渡ろうとした、横断歩道のない道路を横切ろうとして人身事故に遭った場合、被害者側にも過失があります。この場合、両者の過失割合をまずは算出して、その上で自分の過失分を差し引く過失相殺が行われます。例えば過失割合が8:2の事故の被害者になったとして、治療費が100万円かかったと仮定します。この場合支払われるのは100万円ではなく、20%の過失分・20万円を差し引いた80万円しか支払われません。過失割合は保険会社では豊富な過去の事故データを持っているので、それに基づく判断となります。