人身傷害補償保険

人身事故の被害者になった場合、加害者に対して治療費を請求できます。しかしその前に病院から被害者側に治療費の請求がきます。その後かかった金額を加害者側に提示して賠償してもらう形になります。もし大きな事故で大けがをして、手術や入院することになれば、かなりの治療費が請求される恐れも考えられます。

自賠責保険の場合、自分に対する補償は受けられません。しかし自動車保険に加入しているのであれば、人身傷害補償保険をつけている人もいるでしょう。もし自動車保険に加入しているのであれば、自分の保険に人身傷害補償保険が含まれているかどうか確認しましょう。保険証書などに記載されているはずです。

人身傷害補償保険とは、交通事故によって保障対象の人が死傷した場合に給付金が支給される制度です。人身傷害補償保険ではいくつかの保険金額のコースが用意されていて、自分で自由に選択できます。人身傷害補償保険の特徴は、この契約中の保険金額を上限として給付金が支払われます。賠償金は過失割合に応じた金額が支払われます。しかし人身傷害補償保険であれば、過失割合に関係なく給付金を受け取れます。人身傷害補償保険の中には車内外補償プランもあって、この場合歩行中や保険加入対象車両以外の車に乗っているときの事故でも対象になります。