相談は弁護士に

人身事故の被害者になった場合、治療費を加害者側に請求することは可能です。相手が自動車保険に加入している可能性は高く、この場合保険会社と治療費の交渉をします。しかし相手の保険会社はこのような交渉を何度も経験しています。そして保険会社としてみれば、治療費をできるだけ多く負担したくないと考えるでしょう。交渉経験のない素人が保険会社側の人間と話をする場合、相手のペースに巻き込まれて不当に安いお金しか取れない可能性もあります。

もし対等な交渉をするのであれば、交通事故専門の弁護士に依頼をした方がいいです。交通事故専門の弁護士であれば、交渉の経験が豊富ですから不利な示談内容にはなりにくくなります。また、解決実績の豊富な弁護士が対応することで慰謝料の増額を見込めるでしょう。また過失割合についても、こちら側の比率を少なくして過失相殺を少なくできる効果も期待できます。

しかも自分で交渉手続きをすると、面倒ですし、時間も割かないといけません。仕事をしている人であれば、仕事をしながら交渉するとなると大変です。しかし弁護士に依頼すれば、このような面倒な手続きを代行してくれるので負担をかなり軽減できます。電話などの相談は無料で引き受けてくれる弁護士もあるので、まずは相談してみるところから始めませんか。