治療費の打ち切り

人身事故の被害者になった場合、治療費の請求は保険会社ということが多いです。基本的に人身事故が原因でけがをした場合、そのけがが治るまで保険会社から給付金が支払われます。また入院した後で退院後も通院治療をする場合もあるでしょう。そのときでも、保険会社から保険金が支払われるでしょう。

しかし保険会社によっては、治療費が途中で打ち切られてしまうこともあるかもしれません。人身事故の場合、後遺症の残るようなケガに見舞われることもあるでしょう。その場合、長期的な治療になってしまうかもしれません。すると途中で保険会社が「これ以上治療費は支払えません」といってくる可能性もあります。このような治療途中で医療費支払いを保険会社から断られるケースは珍しくありません。保険会社もボランティアではなく、営利企業なのであまりに長期間治療費を負担し続けることは難しいと判断する可能性もあるからです。あくまでも治療費の建て替えは任意であり、打ち切ることに法律上問題はありません。

ただし治療をどこで終了するかは、保険会社ではなく医者が判断します。医者が必要と判断すれば、症状固定まで支払われなかった治療費は保険会社に対して請求することが可能です。